発作的な胸の痛みに怯える日々から卒業【肝臓がんや心筋梗塞の完治を目指す】

医者と看護師

心臓への負担と改善法

先生

心筋梗塞は、胸の痛みから息ができなくなってしまう怖い症状です。この心筋梗塞にかかる人はとても多く、特に生活習慣が乱れている人や高齢の人は要注意です。日頃から健康的な生活を心がけるようにし、疑いのある場合は病院で早めに治療をしてもらうことです。

もっと詳しく

生活習慣改善の必要性

笑顔のナース

発症までのプロセス

発作的に胸に強い痛みを感じ、命を落としてしまうのが心筋梗塞です。例え、命を落とさなくても、何らかの後遺症が高い確率で残ってしまいますので、心筋梗塞は非常に恐ろしい病気です。ただ、心筋梗塞は実は急に発症する病気ではないのです。プロセスを経て発症しますから、予防することが十分に可能な病気なのです。心筋梗塞は、冠動脈が閉塞することにより発症します。冠動脈を閉塞させる原因は、動脈硬化です。動脈硬化は血管の内腔を狭くします。また、血栓と呼ばれる血の固まりができやすくなります。内腔の狭い血管に血栓は詰まりやすくなりますから、動脈硬化は心筋梗塞の発症原因なのです。そして、動脈硬化を進行させるのが高血圧です。このように高血圧、動脈硬化というプロセスを経て、心筋梗塞は発症します。ですから、高血圧と動脈硬化の改善が心筋梗塞予防になるのです。

現代人の生活との関係

現代は便利な世の中ですので、現代人は昔の人に比べて体を動かす機会が減っています。つまり現代人は、総じて運動不足なのです。もちろん、トレーニング等を行って運動不足を解消することは可能です。しかし、その時間を作るのは、中々難しい状況です。また、現代はストレスの多い社会だと言われています。そして、現代の食事は味付けが濃いものが多く、魚料理よりも肉料理が多い傾向にあります。これらは、すべて高血圧の原因です。従って、動脈硬化の原因であり、心筋梗塞の原因でもあります。つまり現代は高血圧、動脈硬化、心筋梗塞になりやすい世の中なのです。事実、心筋梗塞の発症率は増加していますし、このままでは更なる増加も考えられます。ですから、意識を改革し、積極的に生活習慣を改める必要があるのです。また、心筋梗塞などの病気以外にも肝臓がんがあり、肝臓がんは肝硬変の症状が進むことで発症しやすい病気になります。そのため肝硬変に早く気付くことができ、早期治療を受けることで肝臓がんは防ぐことが出来るでしょう。しかし、中には気づかずに重症化してしまう人もいるので定期検診を受けることが大切です。

排便調整の動き

看護師

腸閉塞は腸の動きが鈍くなるとおきやすくなるのです。腸の蠕動運動が活発に起きる様に温かいタオルでマッサージを行う方法があるのです。便を柔らかくするためには水分摂取を促す事が必要になるのです。運動を行うと腸閉塞予防になるのです。

もっと詳しく

何も起こらない

病院

高脂血症の症状は他の生活習慣病と違いわからないことが多い。しかし高脂血症は糖尿病、高血圧の発症リスクにもなるため予防が大切である。油ものを控え、運動、ストレスのない生活肝臓をいたわるよう心がけると良い。

もっと詳しく